この記事では愛知県のキャバクラ事情についてご紹介したいと思います。
他の地域に比べても、色々と特徴的なところがあるオンリーワンの立地ですので、水の合う人にとっては理想的なナイトワークライフを過ごせることと思います。

キャバクラが一番多いのは「名古屋」!

愛知県で最もキャバクラが多い地域といえば、「名古屋」をおいて他にはありません。
特に「きんさん」という呼び名で親しまれている「錦三丁目」エリアや、「栄」エリア界隈は東海地区最大のキャバクラスポットといえるでしょう。
軒を連ねているお店には、大型店舗も小型店舗もあり、かなりバリエーション豊かです。
基本的にクラブやラウンジのような落ち着いた雰囲気のお店より、勢いのある「まさにキャバクラ!」といった風情のお店が多いように思います。
また名古屋のキャバクラは、全体的にかなりゴージャスでリッチな内装のお店が多く、お店の雰囲気を眺めているだけでも楽しく働けるのではないでしょうか。

名古屋のキャバ嬢は派手好きが多い!?

そしてお店だけでなく、名古屋のキャバ嬢たちも派手目の美人が多いことで有名です。
一時期「名古屋嬢」という呼び名が流行しましたが、正にそのイメージ通り。かなりきらびやかで華のある女の子がたくさん働いている印象があります。
キャバ嬢の年齢層としては、10代後半から20代あたりが最も多いのではないでしょうか。
基本的に「若め」だと思っておきましょう。
とにかく元気な子が多く、一緒に働いているだけで自分も元気になれるかもしれません。

名古屋のおすすめのキャバクラ

名古屋にはかなりの数のキャバクラがありますので、しっかり探せば自分にぴったりのお店を見つけることができると思います。
景気のいい大箱が好みの方になら、錦最大級の敷地面積を誇る「Grandcru(グランクリュ)」。
安定して稼ぎたい方には、きんさんきっての老舗「アールズカフェ」。
派手なイベントに参加したいアクティブな方には「プリティー・ウーマン」辺りがオススメのお店です。

コメントを残す