「ここ!」と決めたお店で働き、ボーイとしてのサクセスロードをひた走るには、まず面接に合格しなくてはいけません。

そのためには、面接に合格するための「コツ」を把握しておきたいところです。この記事では面接官に響くポイントをまとめてみました。
ぜひ最後まで読んでいただき、意中の店に入店してください。

面接時の服装はスーツが無難

面接官が応募者を判断する際、見た目はかなりウェイトが大きいです。
なぜなら人の第一印象は、初対面の3〜5秒程度で決まるという学説があり、この説は「メラビアンの法則」と呼ばれています。


メラビアンの法則とは、矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかを判断するアルバート・メラビアンが行った実験についての俗流解釈である。
引用: Wikipedea メラビアンの法則

3秒程度というと、扉を開けて面接官に挨拶をするくらいの時間です。
この短い時間の間に、全ての勝負が決まってしまうこともあるということを覚えておきましょう。
ですので、まず見た目で「こいつはないな…」という印象を持てれないように、標準的なスーツスタイルで面接を受けることをおすすめします。

「コミュ力がある」、「根性がある」などボーイに必要なことをアピールする

見た目の関門を乗り越えたら、次は聴覚情報で攻めましょう。
受け答えはハキハキと、大きな声で話すことをおすすめします。
キャバクラのお仕事はかなり忙しい上に、騒がしい環境で働くことになるので、声が小さいのはかなりのマイナスポイントになります。
会話の内容に関しても、わからないことは知ったかぶらずに謙虚に質問する姿勢が大事です。

またボーイに必要とされる「コミュ力」や「根性なら負けない」といった部分を中心にアピールしていきましょう。
ただコミュ力があるというのではなく、これまでに経験してきたエピソードと絡めながら話す方が良いでしょう。

免許証を持ってる場合は必ず履歴書に書くor面接官に言う

またキャバクラでは、買い出しやキャバ嬢の送りなどで、車を使うことも多いので、免許証を持っていること自体がアピールポイントになります。
面接官に提出する履歴書に「普通自動車免許を取得」といった形で記載しておくようにしましょう。
書き忘れてしまった場合は、口頭で伝えても構いません。

また、まともなお店なら、18歳以下は雇わないので、必ず写真付きの身分証明証の提示を求められます。
所持しているのであれば、その際に免許証を出すようにしましょう。

コメントを残す