キャバ嬢として働きたいなら、まずは意中のお店の面接に合格しなければいけません。
この記事では、キャバ嬢を目指している女性のために、面接の必勝法をご紹介したいと思います。
押さえるべきポイントさえ把握していれば、必ず理想のお店で、キャバ嬢として輝くことができるでしょう。

面接時の服装はカジュアルすぎないように!

面接を受ける際は、あまりカジュアルな服装で行かないことをおすすめします。例えば一般企業の面接を受ける際の服装に、Tシャツ、ジーパン、サンダル履きを選んだ場合、面接官の前に立った時点で不合格になるでしょう。

キャバクラの面接でも同じことです。
服装は、自分のやる気を見せるために重要な小道具です。
実際に採用後の姿を見せなければいけません。ですので、お店の傾向に合わせたコーディネートで面接に挑みましょう。

ドレスや靴など必要なものはすべて揃えて面接に行く

また面接即当日体入というお店も珍しくはありませんので、実際に店内で働くことになった際に必要な仕事道具も用意しておきましょう。
ドレスや靴は、お店が用意しているレンタルのものを使用することもできますが、薄汚れていたりボロボロのものが貸し出される可能性が高いので、自分で用意するのがベストです。

またお客様のタバコに火をお点けするライターや、グラスの水滴を拭うためのハンカチ、名刺入れやメイク道具といった各種グッズも必要になります。

それらを散らかさないように入れておける、ポーチやクラッチバッグも必要です。
できればなるべく可愛いデザインのものを用意できれば、なおベターです。
こうした小道具は、お客様を接客する際の会話のネタになることもあります。

働く動機や採用後の目標は明確に!!

キャバ嬢未経験者にとって面接は、意気込みや自分のポテンシャルをアピールする場です。
ですので「なぜキャバ嬢として働きたいのか」、「どれくらい稼ぎたいのか」といった動機や目標は、明確に伝えられるようにしておきましょう。

面接官の立場からすると、「なんとなくキャバ嬢をやりたい人」より、「毎月いくら稼ぎたい」という明確な目標を持っている人を雇いたいからです。
強い意志を持って働く人なら、遅刻や無断欠勤といった、シフトを乱すようなことはしないと判断します。

また面接官も人間ですので、「本気で稼ぎたい」という気持ちを持っている人を応援したくなるのは当たり前のことでしょう。

コメントを残す