キャバ嬢のお仕事に興味がある人はいませんか?でも実際に応募してみようと思っても、詳しいお仕事内容が分からなければ、中々踏み出せないのではないでしょうか。
そんなあなたのために、この記事ではキャバ嬢のお仕事内容を詳しくご紹介します。

お客様にお酒を出して、会話をする

お客様と同じテーブル二座って、お酒をおつくりしながら楽しく会話する。
これはキャバ嬢といえば、誰でもイメージする基本のお仕事内容ですね。
しかし、ただお酒を飲みながら楽しく盛り上がって入ればいいわけではありません。
お客様は様々な想いを持って来店されています。
ただ口説きたいだけの人、お気に入りのキャバ嬢を見つけて応援したい人、人間関係を築きたい人、ただなんとなくという人、本当に十人十色です。
同卓している時間は、しっかりとお客様を観察し、キャバ嬢に何を求めているのかを把握するための時間なのです。
ここでお客様の想いを理解することで、また指名してもらえるのかどうかが決まります。

キャバ嬢はテーブルを整える

お客様を理解するためには、常にリラックスしていただかなければいけません。そのためには、テーブルの上が常に綺麗に整えられている必要があります。
お客様が捨てられたゴミがあったら、必ず始末し、お酒のグラスに水滴が付いていたらこまめに拭き取りましょう。
タバコを取り出されたらすぐに火をお点けしたり、吸い殻が1本でも捨てられたら、ボーイに合図をして灰皿を交換してもらいます。
こうした細やかな気遣いができないキャバ嬢は、長く指名してくれるお客様を掴むことはできません。
テーブルはお客様の憩いの場であると同時にキャバ嬢の職場です。自分の領域は必ず自分で整えましょう。

同伴やアフターなどの時間外労働もキャバ嬢の仕事

キャバ嬢のお仕事は、お店の中だけで完結するものではありません。
勤務時間外にも様々なお仕事があります。
例えば同伴やアフターと呼ばれる店外でのお客様とのお付き合いは、心の距離をぐっと縮められる大事なお仕事です。
キャバ嬢としてステップアップを狙うなら、絶対に欠かすことはできません。
また待機時間中やプライベートの時間であっても、お客様に次の来店を促すメールによる営業をかける必要があります。
これらの行為は「お仕事だけでやってるわけじゃないよ?あなたに会いたいからお休みでも連絡を取るんだよ?」というアピールになるのです。

コメントを残す